鍛冶工事

鍛冶工事は、設計と寸分の違いもなく組み上げる設計図を元に現場でカットしたり、曲げたり、つなげたりして建築物を組み立てていく工事です。
工場で部品を精密に作り、現場ではそれを模型を作り上げるように組み立てるというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
ですが、現場に持ち込まれる鋼材というのは、あらかじめ正確にカットされているわけではありません。
そのため不必要な箇所はカットし、曲げなくはならないところは熱して曲げ、繋げるとことは溶接して繋げるという作業が必要となります。

数多くの現場にて工事を行ってきた大黒興産にお任せいただければ、丁寧かつ高い技術力で精密に組み上げていきます。

 

■妥協のない仕上がりを

鍛冶工事において重要なのは、やはり鉄骨工事の柱と梁などをジョイントする部分を溶接。
ただしこの作業は高所で行うことも多い上、非常に高温のガス溶接機やアース溶接機を使用するので危険も伴います。
大きなマスクで顔を覆い、火花を散らして作業されているイメージがあると思いますが、溶接こそが強度に直接関わるのでより技術が要求されます。
少しのズレも許されないことなので、全てにおいて妥協の無い仕上がりをお届けします。

 

■一般の方からの工事例をご紹介

□屋根のアングルが外れてしまって困っている
□階段や段差があるからスロープを付けたい
□ゴミステーションを作りたい
など、「こんなのできますか」といったこともお気軽にご相談ください。

▼各事業のご案内はこちら

▼お問い合わせはこちら

【電話番号】084-999-3003
【営業時間】8:00~17:00
【定休日】日曜日
【メール】こちらのフォームよりどうぞ≫
【対応エリア】福山市を中心に全国・海外に対応

一覧ページに戻る